メニュー

恋に恋した日々

君に会ってからいくつもの日々

今では子供と大人の境界線を

お互い渡る時期

あの頃は子供だからと

人生の後先

それぞれの進む道

どうでもよかった

この世界の在り方その意味

考える必要などなかった

人生は大体うまくいかないから

この恋はあきらめよう

その時すぐにあきらめようとした心を今でも憎んでいる

この人生というものは

きっと一度しかないから

どうでもいいわけなんてない

一度しかないからこそ

幸せに生きてゆくその大切さを

あの一年で知った

学校には行かなかった

むしろ行けなかった

その中で君を想い

会えない日々にとまどいながらも

自分の存在にも気付いた

きっと君に会えたら

君と話せるだろう

君と一緒に過ごせるだろう

そして永遠の愛を二人

紡いでゆく

そう思ってたあの頃

ああ