メニュー

仮1

思春期の片想い

大人になろうとする今

温かさは昔のまま

誰ともまともに笑うことなどなかった

引き篭もりの面影

今生きているのが幸せか

考えもできなかった

放心した日々の放課後

人との交わり欠いた

四季の思い出も

楽しい生活も

何もかもが闇の中

戻せない過去の狭間に

恨みと切なさのカケラを

ああ

残したままに

恨み悲しみ壊れて