メニュー

高校2年の春休み

昨年の春、私が高校2年のとき

私は春休みに、ほぼ毎日と言っていいほど、外に出た

一人で外に出る勇気がなかった私が外に一人で出るのは

珍しいことなのだ

にも関わらず、出た

なぜならば私は、中学2年の時からずっと好きだった人に

どうしても会わなければならないと思ったからだ

私が出ようと思う前日、私は彼女の住所がどこなのか、

昔の電話帳で調べた

本人の名前で書かれてはいないから、ある程度予想はつけた

友人にも聞いた

そういう、話を聞いてもらえるくらいの友人は少しだけいた

それらを頼りに、確信はないが、考えられるところを回った

道も詳しくないから、ネットで調べて、行く途中にも

携帯で調べながら行った

彼女のいる学校も途中にあったから、いわばその二方向を行ったり

来たりの時間を過ごしていた

行く途中で風景の写真を撮ったりもした

そうでもなければ絶対に怪しまれるような田舎だからだ

いわば、旅人気どりで、そんな日々を過ごしていた

孤独だけど、きっといつか…なんていう気分だった