メニュー

人間観

人は基本的に嘘をつく

そしてフラグを壊すことだけで生きていける

そして自分も壊されながら生きていく

俺にはもう知ったことじゃない

考えたくもない

俺は何度一人で空を見てきたと思う

あのときの青空もあのときの夕空もあのときの夜空も

俺はもう夜空を見たくないかもしれない

実はそれも嘘かもしれないが

俺の親父は今車で寝泊まりしている

まぁこれも理由はしっかりあるが

結婚なんてのは偶像にすぎないのかもしれない

本当はそんなことしないほうがいいのかもしれない

人は嘘をついて人の心を手に入れる

そうやって人は偶像がまるで真実のような

そんな気持ちをそのままに受け入れる

そしてある意味人間であるがゆえの妥協もあって

それが融合した結果偶像を信じる

そしてその偶像が虚構だと嘘だと知ったとき

人間は初めて現実という次の幻想を見る

そうやって生きていくのだろう

過去が今であったように

これからもそうだろう