メニュー

まじめだった学生の話

かつて俺は人の命令に従っていた

ルールという幻想を常に第一にして生きてきた

それをして生きてきて得たものは結局

非難の言葉と暴力だけだった

だから今はもう誰の命令も聞く気はなくなった

世の中のすべてのルールがでたらめに思えてきた

かつての片想いの人のことをたまに考える日もあったけど

その想いももはや憎しみに変わり

恋というものもする気はもはやなくなった

そして今は

かつて暴力を浴びせ罵声を浴びせた奴らを憎むことだけを

ただ一つの信条にして生きている