メニュー

嘘にまみれた社会

当たり前のように生きている奴らが

今日も綺麗事ばかり並べてる

世の中は何もかもが不条理で

基準なんてものがあったとしても

それすらも矛盾に満ちている

絆も愛もこれまで何なのか理解できたことは一度もなかった

多分存在しないのか

したとしても人を選ぶんだろう

嘘をつき続けてきた奴らが常識なんてものを語り

嘘をつかれ続けてきた人たちは結局いつも泣き寝入り

いじめをしてきた奴らがたまに偽善者をきどり

いじめをされてきた人たちはそんな奴らをただ憎んでいる

俺は常にいじめた奴らを憎んできた

そしていつしか誰も信じられなくなっていった

ささやかな幸せなんてものは目に入らずに

また俺は孤独になり

壁に穴をあけながらただ泣いていた