メニュー

2012年 記事一覧

人間の心

いったいこの世界で 正しい人間ってどんな人間なんでしょうね 俺だってそれなりに他人には優しくしてきた 嫌がることなんてやろうと思うことはなかった もちろんそれは人間に対してだけれども 人間は...

人類

この世界にこれ以上の不幸を生んではいけない 俺は何に対しても反抗しない人だった 殴られても蹴られても悪口を言われても それが終わると黙って俺はその場を去るだけだった でもそんな過去を抱えて俺は...

クリスマスの夜

今日はクリスマスの日 リア充どもが戯れているだろう日だ いつも部屋にいる俺にとっては何の意味もない 強いて言えば少しむかつくくらいだ 俺には好きな人がいる 面と向かって話すことなんてほとんど...

人類滅亡

人類が誕生して今日まで いったい何の意味があって存続してきたのだろう ある地域では戦争が起こり ある地域では平和に見えるがさまざまな事件が起こる 異性を求め人々は争い 金を求め人々は争い ...

日本の怖さ、世界の怖さ

日本は決して安全な国ではない 地上では 何の予告もなしに無差別の殺人が起こり 車は暴走し人の群れに突っ込むこともある バスに乗れば運転手の居眠りで事故が起こり バスジャックだって起こらないと...

奴らが笑っている

この世界では時として 正直者が不幸になる 他人の言うことを何でも聞くと 騙され馬鹿にされ 嘘つきどもはそれを笑っている 自分の思ったことを言うと 本当のことであろうと人格を否定される 他...

憎しみの人生

俺は昔、何でも言うことを聞いていた 嫌なことだろうが今では恥じるようなことでも断ることはなかった 周りの奴らはそれをあざ笑い、 殴られ蹴られ、自分の物はいつの間にか壊されていた 悪口を言われる...

孤独の叫び

俺は死にたくない でも生きるのが苦しい 会える友達が誰もいない 親以外とろくに話をしていない 友達をつくりたい でも近くで会えそうな人が誰もいない 外には出たい でもきっと出ても何もする...

生きにくい世界

どうしてこの世界はこんなにも生きにくいんだろう 誰もかれもが幸せそうに見せるような社会の中で 愛もなく絆もなく 人と違うと差別もされる 実際に俺にとってはそうだった 殴られもした 蹴られもした...

そんな世界

愚民は何もかもが平等かのようにふるまう そして自分の中のルールだけに忠実に 正しいかどうかを決める 勝手に間違いだと決めつけて 罵倒し時には暴力をふるうだろう 自分が洗脳されていることも気付...