メニュー

あなたを想う

あれはまだ僕が中学生だった頃

いじめられて何もかもが嫌だった頃

人のぬくもりを感じたかった

ただ感じられたのはそんなもんじゃなく

殴られ蹴られた痛みだけだった

生きる支えになっていたのは

ただあの人への片想いだった

炎は夜を照らす

周りの人達が僕を避ける中

あの人はなぜか避けようとしない

僕は勇気を出して手を触れた

今でもその時を思い出す

人と会うこともなく

この部屋から出ずにそろそろ

1年が経つけど

今でもその時の思い出が

生と向き合うことの

ただひとつの理由

僕はあの人を想う

美しいすべてを

そして僕の手は股間に伸びる

また今日も夢を見る

生を感じている

ただあなたを想う