メニュー

僕は不幸。ではないと思った。

僕は今日、相当なまでに騙されました。

多分、相当、

本当に、死のうかと一瞬思いかけた。

騙されたってのは、金銭的な話。

これがまた、相当だから言う気もしない。

帰った。

思ってみた。

僕は、不幸。

ではない。

なぜなら、もっと不幸、な人はいる。

どころか、比べるのが失礼なくらいだ。

肉親がいて。

恵まれて育って。

いじめられたときにでも、必ず親は、味方した。

確実に、僕は、恵まれている。

不幸なんて言葉を、

もう、言うことなんて、できない。

たとえ詐欺師のような奴に51万4千円を取られたとしても、

それをされるだけの、余裕があったということ。

そしてサインをしてしまった、自分という存在。

でももう、僕は、これを絶対に繰り返さない。

誰かを守るために、

幸せ過ぎる奴から、余剰金を、

使わせる。取っていく。

そして、絶対に、

救わなきゃいけない人を救う。

これまで、自分がすべてだと思っていた。

いつだって、自分を中心に回っていた。

自分が一番、不幸だと思っていた。

憎しみなんて言っている場合じゃない。

苦しんでいる人を救いたい。

そう思って、僕は上京した。

浪人生活をやめ、

誰かを助けたい、その気持ちが常にあった。

そのために、大げさにネガティブになってみたり、

そう在り続ける価値みたいなのを、

ずっと大切にしてきた。

少なからず、好意を抱いてくれて、

実際に意見を言ってくれた人もいて、

その点は良かったと思う。

でも、憎しみよりも、もっと大切なものもある事に気づいた。

もっと、必要なものもある事に気づいた。

僕は、恵まれている。

いじめられて、殴られたりもした。

蹴られたりもした。

悪口も数え切れないほど言われたし、

靴にも蛙の死骸とかを入れられた。

でも、味方をしてくれる存在が、

両親が、そして、祖父が、祖母が、

そこにはいた。

もう、僕自身が不幸だなんて思わない。

本当に不幸で、寂しさを抱えて、

気取ったものじゃなく、

本当の孤独というものを感じている人が、

現実は楽しいものだ。

と伝えようとしてくれた。

詳しい内容なんて、

言う権利もないから言わないけれど、

どこまでも孤独で、

ずっと寂しさを感じてきた人が、

不幸を気取ってるような僕に、

現実の楽しさを伝えようとしてくれている。

僕は正直、情けなくなった。

そして、直接的にその人を救えない無力さ。

この世に自分が存在していていいのかわからないほどの、

罪悪感。

僕のような、思春期の憎しみを、延々と先延ばしするのではなく、

思春期であるその人は、今現在を、そして、自分の未来を、

真っ直ぐに見ている。

そして、本当に辛い環境の中で、

一人泣いて、

自分を傷つける。

何にも悪くないのに、

自分も悪い、と考えられる優しさ。

僕にはそんな感情すらなかった。

自分は何も悪くないし、

自分を傷つけるなんてもってのほかだ、と。

つくづく、考えさせられた。

僕とは、経験してきた闇の質が違う。

どうしようもない僕とは違って、

本当に、力強く、真っ直ぐに、生きている。

僕はそういう人を救いたい。

僕はずっと孤独を感じていた。

ただただ、自分が救われたい、と思っていた。

いつからか忘れかけていた感覚が、

ふっと目覚める、そんな気がした。