メニュー

学校が悪い。その人を批判する権利はない。

学校が悪い。

学校という体制に攻撃をしかけようとする人がいたなら、

その学校全体が敵だったということだ。

学校も悪い、何かをその人にする奴らも悪い。

味方になってあげない奴が悪い。

助けてあげない周りが悪い。

その人が悪い事は一つも無い。

その人を捕まえる警察は馬鹿だ。

日本という国はこんなにまで腐った集団社会で成り立っている。

何かを仕掛けることで、何かを崩そうとすること。

これは本当に大切なことだと思う。

本当に誰かを殺そうと思ったなら、

何かを仕掛けようと言い出すことなんてない。

煽りが大事だ。

僕も前に同じようなことを思いついたこともあるけれど、

恐れて、何一つ、そうした大々的に伝えることはできなかった。

社会体制への反抗は大事だ。

今ならハッキリと、

復讐することはとても大事だと、わかる。

ただ、無差別であってはいけない。

いじめた奴をピンポイントで、狙い撃ちで、

しっかりと仕留めていかなければならない。

我慢する必要なんて無い。

何があったかは知らないから何にも言えないけれど、

もしいじめられて、何かしらの訴えかけが必要だと思ったなら、

本当に、正しいことだと思う。

ある種平和的に、

そうした訴えかけをし、考えさせる、ということ。

伝えたいことがあり、そして行動する。

それを誰にも止めることはできないし、

いじめには必ず復讐があるということを、

少なからず、思い知らせなければいけない。

そして、それだけの行動力があるということで、

愛されなければならない、尊敬されなければならない。

大きく行動に出る、という行動力に、敬意を抱かなければならない。

何もかもが腐ったこの世界で、

大きな体制に一人で立ち向かう、

疎外され、蔑まれ、傷ついて来た人。

ここまで美しく力強い人を、

誰が馬鹿にすることが出来るというのか。

誰にもその権利はない。

何もしようとしない、

常識という名の洗脳を、

常に受け続け、それを信じてきた奴らに、

何も言う権利はない。

絶対に認めるわけにはいかない。