メニュー

幸、不幸って結局なんなんだろうね

人間である以上、他の動物や植物の犠牲の上で生きているということは実感する。

当たり前のように食べる肉なども、実際は相当なまでに、

悲惨な現場があった上で、食卓に並べられる。

でもそれを知らない人にとっては、当たり前のようになっていて、

自分もそれが当然だと思って生きてきた。

自分は、相当いじめられてきたわけではあるけれど、

当時は重宝されて育ってきていたし、体格がそれを物語っていた。

それが理由でいじめられたことは何とも言えないとともに、

正直で嘘をつかないような素直さを持って育ったがために、

そこも周りから疎外された原因だったのも不思議ではある。

けれど生きること自体も出来ない人は、

この世の中にはたくさんいる。

自分はいじめられて、憎しみ、悲しみ、孤独感を持って生きてきた。

死にかけるようなことも何度もあった。

死のうと思ったことも何度もあった。

けれど、そこばかりが強調されて、

自分がこの世界で一番不幸であるだろうなと思っていた。

生まれ持って美しく育って、頭も良く、当時は運動も出来た。

それを生かしさえすれば、この世界を支配出来る、とさえ思っていたかもしれない。

いや、当時はそこまでの考えは正直言うとなかったかもしれない。

そんな状況にあって、いじめられ初めて、

正直な話が、太っていたからいじめられた、ということもあるけれど、

太る前からいじめられていたと思う。

それは程度の問題にはなるけれど。

その時期はどうあれ、

一度いじめられる経験をすると、

周りに対する反感や、この世界に対する反感にまで広がる場合もあるけれど、

その範囲はどうあれ、倒してやりたいという欲望が出てくるんだと思う。

周りというものを俯瞰して見るようになる。

こんなくだらない奴らを、全員消してやろう、と思った。

今でもそういう考えはないわけでもない。

けれど、結局のところ、相対的にどうか、な気もする。

恵まれていたかもしれない。

確かにいじめられてはいたし、憎しみもある。

そのぶつけどころというのも難しい。

そして、その過去を埋めるような人もいない、という、

現状もそういう意識を上乗せしている気がする。

自分は、いかに不幸であったか。

そしてそれを共感してもらいたいと思った。

いわば、不幸な人を考えたらキリがない。

日本に生まれてこうして平然と生きていられること自体、

幸せなことなのかもしれないし、

かといって、生まれてこなければ楽だった、

と思うときも最近は常にある。

それは確かに今愛されていなければ、

そういう考えに至ることにはなる。

けれど、幸せな人もいる。

その幸せを見るたびに、

憎み、この世界への破壊衝動がよぎる。

破壊衝動もそれはあるけれど、

正直な考えとして、

人間っていうのは、衰退なり滅亡なりしたほうが、

幸せなんじゃないかとは思う。

これはある意味で人間に対する愛情であり、

一番好きな生物も嫌いな生物も人間という、

ハッキリとした考えの上で言っている。

というか、女の人だけ無限に生きられるような世界ならいいね。

それが訪れることがあるとするならば、

男は自分も含め全員いなくなったとしても良いなとさえ思える。

けれどそんな世界はきっと訪れないんじゃないかとは思う。

男と女の区別が無くなるときはあるかもしれないけれど。

長くなったけれど、

結局言いたいことは、

幸せも不幸も見たらキリがなくて、

自分が一番不幸だと思っていても、

それは違うかもしれないし、

かといって一番幸せなことは確実にないけれど、

不幸の度合いもある意味で主観的にしか見ることは出来ないし、

結局自分はいじめられてきたし彼女もいないし、

正直これと言って頻繁に会うような友達もいないし、

億万長者でもないし、

そういう風に考えたときに、やっぱり、

いつかはこの世界を支配してやろう。

そして女の子にモテたい!!!

というのが正直な意見。

こういう欲望があっても、それがすり抜けていくかのような日常。

(モテるというかろくに女の子と話す機会もないし。)

いつ死ぬのか生きていられるのかわからないような世界。

何もかもが曖昧で、肌のぬくもりも愛情も感じられない日々が、

やはり自分自身を苦しめることになっていて、

そんな中でやはりこれからも、

どう相対的に考えて幸せであるかを考えたとしても、

憎しみは消えないんだろうと思う。

それが少しは薄れることがあるときは、

自分のことを愛してくれる人がいる、という実感だろうと思う。

ああ、癒やされたい。