メニュー

全員が幸せである日

それは不本意ながらも、人類滅亡の日、いや、衰退の日かもしれない。

そう思うほどに、辛い思いをしている人がいるんだな、と思う。

僕にとって、頻繁に会う友達というと、正直今のところいない。

ある意味で、社会的に孤立した状態で生きている。

人と話すことがほとんどない生活、と言える。

けれど、多少なりともネットで絡みのある人はいる。

所謂リア友というのも、携帯でメールをするくらいの人は1人くらいいる。

そういう人を含め、知り合い、と言うならば、

僕の知り合いは、基本的にレアな存在、たとえば、

二次元に極端にハマっている投資家の人であったり、

最近投資に詳しくなった、物知りの韓国の人であったり、

革命家気質のひきこもりの人であったり、

自分の身体を切り刻まないと気が済まない人であったりする。

全員、とても性格が良い。

優しさも気遣いも、すべてを知り尽くしているかのように思う。

不快な思いというのをさせないし、人の痛みをよくわかっている。

ある意味で、「普通」な人という無個性な感じの人達が、

無意識な抑圧や、先入観、常識という根拠のないものを押しつけてくるのに対し、

彼らは、そういう人達とは全く違い、自分自身も辛さがわかるだけに、

他の誰かの辛さもわかっているんだと思う。

勿論、その辛さの度合いというのは、先ほどどういう人か紹介したのを見て貰えたらわかると思う。

けれど、色々な人が居る中で、あえて人と違う存在であり続ける、

ということは、本当に素晴らしいことであると僕は思う。

たまに疎外されたり、根拠もなく蔑まれたりすることもあるかもしれない。

それは、社会が、「普通」というくだらないものを基準にして動いているからだと思う。

けれど僕にはそれに何の魅力も感じないし、「普通」なんてダサい、とも思う。

だから、個性があるというのは大事だ。

少なくとも、あった、という経験が大事。

正直に言うと、自分を傷つけるのはやめてほしいとは思う。

そうして痛みを知っているからこそ、幸せになってほしいからだ。

僕は、苦しい経験をしてきた人の幸せは心から願っている。

いつも、自分が一番不幸だ、と思うけれど、

そうして辛そうに今を生きている人を見ると、

どうして自分に、不幸、だと言える権利があるんだろうか、といつも疑う。

自分は自分にとって不幸だけれど、

その人とは度合いが違う。

というより、自分を傷つける、という選択をする、

自己犠牲の精神が、僕には真似出来ないし、

勇気もない、あげく、いじめられてきていたのもあって、

逆にそいつらを殺そう、だとかを常に考えてきた。

僕には、自分を傷つけるという選択をした、

心優しい人を前にして、

自分が一番不幸だ、

などと絶対に言えない。

そもそも、僕は不幸ではないのだろう。

そう思うようになってくる。

自分しか知らなかったから、自分が一番不幸かのように思って居た。

今苦しい思いをしている人は、確実に、僕より不幸であると言える。

だから、そういう人には、幸せに生きていて欲しい。

これは自分の本音であり、願望でもある。