メニュー

2014年1月 記事一覧

ろくでなしで何が悪い

ろくでなしで何が悪い 人を貶す奴は結局、恵まれているからだ 誰かをバカだと貶す奴は、自分自身が正しいと信じ切っている 誰にも正義があり、悪は常に敵側に存在している お互いにとって、正義と正義の...

味方はどこだ

先月家賃滞納してから母親からはいつも説教されている。 同居している以上は金は出してもらえるけれど、 それも自分が泣きながら土下座しているからだ。 会社としての登記も同時にしているから、 安易に移動する...

まるで犬のように

ワンちゃんのために募金してください。 ふざけるなって話だ。 大体、その辺にホームレスの人もいる駅の近くで、 堂々と「ワンちゃん」のためと言い張る事が出来る人間がいる事に驚く。 そしてさらに驚くのは、...

火星に行けと親に言われた地球人の話。

私は地球人だ。 けれど、決して地球上で生きていく事に向いているわけではない。 たまたま地球人として生まれ、まだかろうじて死なずにここにいるだけだ。 常に遠回りをしながら、追いつめられながら、 生きた...

わかった。

わかった。 世界を支配する権力はない。自分が観測する世界すら支配出来ていない。今日も親に平伏し土下座する日々だ。誰かを救うどころか自分すらも救えていない。大切な誰かを守る前に、自分すらも守れず、ただ...

続・非リア充と言いつづけるリア充達。友人と楽しく「非リア充」と自分自身のブランドを披露し始めるかのようなその集団に怒りを覚えた。

前回、リア充だとか非リア充だとかについて語った。 伝わっていない人もいるかもしれないので一応言っておくと、 自分はリア充だとか非リア充を批判するつもりはない。 何を批判したいかと言えば、 非リ...

非リア充と言いつづけるリア充達。友人と楽しく「非リア充」と自分自身のブランドを披露し始めるかのようなその集団に怒りを覚えた。

非リア充とはいったい何か。 非リア充の全員がひきこもりなわけでも、友達がいないわけでも、強いて言えば恋人がいないわけでもないだろう。 リア充というものがそもそもどういう概念なのかが自分にはサッパリ...