メニュー

女性が支持する「オシャレ」「可愛い」の価値基準を巡って考えること

 女性が支持する女性というのを考えてみると、可愛くないにも関わらず、メイクを駆使してオシャレ番長的なポジションを獲得した人達であったり、身長が高くスタイルは良いが、男から見れば決して可愛いとは言えない顔付きの人達が支持される傾向にある。

 つまり、容姿が決して良くない女性達が、オシャレ・可愛いと言った称号を、同性である女性達から勝ち取っているわけである。男性からすればメイクが濃すぎるとか可愛くないといった評価をされて当然の女性達が、何故かファッションモデルとして活躍していることも少なくない。

 そうした状況に流されて、本当に可愛い女性達までが、似合っていた黒髪をやめ、ピアスを大量に装着し、むしろ劣化するという事態が起こってしまう。しかし、いくらオシャレをしたところで、不細工な女性は可愛い女性に勝てないし、可愛い女性はオシャレをせずとも魅力的である。

 もし本当に可愛い女性がいるとすれば、その人は同性に嫉妬されて当然である。自分よりも可愛い人を支持したいとはなかなか思わないだろう。中途半端な女性が支持されやすいのではないだろうか。男性から支持されるような女性というのは、むしろ嫉妬され、女性からは支持されにくいであろう。