メニュー

ネット掲示板やSNSで宣伝・売名書き込みをする事は悪い事なのか?

ネット掲示板やSNSで宣伝・売名をする事自体が悪い事なのだろうか。

もしそれが悪いと言うのならば、
掲示板やSNSに正式に「広告」として掲載されているものは良いのだろうか。
それは広告主に「お金を払った」から認められるべきなのだろうか。
それならばもう、ネット上においては「お金がなければ知ってももらえない」という事になる。

書き込みによって宣伝・売名する人達を批判する傍ら、掲載されている広告の商品を購入したりする。

広告から商品を買わないとしても、CMで流れていたり、クチコミで広がったり、
友人から勧められて、というのが購入の理由である事が少なからずあるはずだ。

それにも関わらず、宣伝はダメ、というのであれば、自力で全ての商品を査定し、
吟味し、その上で独断のみで購入する、という荒技を成し遂げてほしい。
その途中にも絶対、何らかの宣伝が含まれているのである。
少なくとも、店に置かれていなければ買わないだろう。
これも店に「置いてもらっている」のであって、その上で成り立っている事なのだ。

完全に独断で、世界中の中からたった一つの真実を見つけた、という事には成り得ないのである。

掲示板、SNSでの宣伝・売名書き込みは、
迷惑だと思われても、地道な作業を耐え忍んでも、絶対に宣伝または売名しなければならない、
という努力の結果なのだ。

例えそれが自動化ツールを主としていても、それを動かす労力も当然あるのであって、
更に言えば、効率よく旨味を得るためには、
まだ自動化ツールが開発されていない場所で宣伝をする事も必要で、
実際にそれをしている人達はとてつもなく苦労しているのだ。

それを安易に批判するような事が、匿名において、何の面白みも発見もなく、
ただ日常を垂れ流すような事を常に書き込んだりつぶやいたりする人たちに出来るのだろうか。
その権利があるのだろうか、と、こちらとしては言いたいのだ。