メニュー

2014年 記事一覧

人種・民族を差別するヘイトスピーチについて

 近年、日本において、特定の人種・民族を対象としたヘイトスピーチが数多く行われている。例えば、特定の人種・民族に対して「殺せ」「叩きだせ」などと侮辱したり、他人を煽動したりする行為がそうである。  ...

電車に飛び込んだ人達を非難する人達について

 駅構内で人身事故が起こるたびに、SNS上では、仕事に遅れることを嘆いたり、あるいは、「死ぬなら一人で死ね」「必死に生き抜いているこっちの身にもなれ」「自殺は逃げだ」などという投稿までも数多く見受けら...

メジャーなものを崇拝する人達の不思議。

文化においても、メジャーだから見ておく、買っておく、などというように、 勝ち馬に乗るだけの人が急激に増加している。 皆が見ているテレビ番組、ネット番組を見たり、 特に可愛くもないアイドルなどに大金を...

過去の辛い経験を「昇華」するということ

 過去の辛い経験を「忘れる」ことを推奨する人は少なくない。今は今であり、過去は過ぎ去ったことであるとして割り切った方が良いというのである。確かに、普通の人と同じように生きていきたいというだけであれば、...

「著名人」の死だけが特別扱いされている

 著名人が死んだ途端に、ニュースではその事が報道され、場合によっては特集まで組まれ、多くの人がその人の事を話題にする。そして、大勢の人が葬儀に参列し、惜しい人を亡くしてしまったなどと言う。  著名人...

「親不孝」という「親」寄りの表現

 よく「親不孝」などという言う人がいる。しかしその表現自体が実に「親」寄りのものだと言えないだろうか。子供には生まれたいかどうかを選択させず、無理矢理この世に誕生させ、「親」の理想の子供に育ってほしい...

一神教が不在の日本における「善悪」について

 日本において一神教は根付いていない。ほとんどの日本人は、様々な宗教を単なる行事として消費するだけであり、特定の宗教に対する信仰心というものを持ち合わせていない。  特定の「神」を信じていない日本人...