メニュー

2015年5月 記事一覧

NO IMAGE

「不平等」と「善悪判断」

 親の経済状況によって機会は制限されるし、同じ努力をしたからと言って同じ結果が出るわけでもない。「機会の平等」も「結果の平等」も存在せず、結局のところ全ては「運」次第だと言えるだろう。  持っていな...

NO IMAGE

プロライフ派が見過ごす「生まれない権利」

 プロライフ派はよく「生きる権利」について主張するが、果たして「生まれない権利」については考慮しているのであろうか。子供は生まれたくて生まれたわけではなく、親が強制的にこの世に誕生させただけなのだから...

NO IMAGE

「どうしてうちの子が」と嘆く親の愚かさ

 自分の子供が不運な出来事に見舞われた際に、「どうしてうちの子が」などと嘆く親がいるわけであるが、彼らは全くもって愚かである。子供がどう育つか、どう生きていくか、どう死ぬかなどは、親が予想したところで...

NO IMAGE

あらゆる殺人事件の真犯人は「親」である。

 全ての親は子供を殺す「殺人者」であるが、もっと言えば、あらゆる殺人事件の真犯人であるとさえ言ってもよさそうなものである。  というのも、人間は生まれた時点で既に、いずれは死ぬことが確定しているから...

NO IMAGE

全ての親は子供を殺す「殺人者」である。

 誕生した子供は人間である以上、遅かれ早かれいつかは死ぬことになる。しかし、誕生させなければ決して死ぬことはないのであり、いつかは死ぬことをわかっていながらこの世に誕生させたのであれば、「殺すつもりは...

NO IMAGE

「子育て」という「マッチポンプ」

 「問題や騒動を自分でつくり出しながら、巧妙に立ち回って解決し、利益や賞賛を得ようとする行為」は「マッチで自ら火事を起こし、それを自らポンプで消す」様子に喩えられ、「マッチポンプ」などと呼ばれている。...