メニュー

全ての親は子供を殺す「殺人者」である。

 誕生した子供は人間である以上、遅かれ早かれいつかは死ぬことになる。しかし、誕生させなければ決して死ぬことはないのであり、いつかは死ぬことをわかっていながらこの世に誕生させたのであれば、「殺すつもりはない」などというのは単なる責任逃れに過ぎない。誕生させた時点ですでに殺すことになってしまっているのであり、それは「殺人」である。
 
 子供は一切選択肢を与えられず、「自分を誕生させてほしい」と頼んだわけではないにも関わらず、親の身勝手な判断によって強制的にこの世に誕生させられ、同時に死をも強制されることになる。それにも関わらず、多くの人はその悪質性に気づかず、子供を誕生させることはいかにも「素晴らしいこと」であるかのように考えているようだ。それは全くの誤解であり、単なる都合のいい妄想である。

 親が子供を殺す「殺人者」であることは紛れもない事実であり、単に子供を誕生させることが「殺人」だと認識される土壌がないがゆえに見過ごされて続けているだけである。多くの人が親を「殺人者」だとみなしていないからと言って、生まれた子供はいずれ「死ぬ」ことに変わりはない。誕生させなければ「死ぬ」ことはないにも関わらず、あえて「死ぬ」ことを強制したのだから、紛れもなく「殺人」である。