メニュー

説明能力がなく、知識自慢をするだけの人達について

 権威ある誰かの名前や思想の一部、あるいは何らかの専門用語を交えながら説明するにも関わらず、それらについて詳しい説明をするように促されても一切することがなく、そんなことも知らない奴はバカだと言って拒否し、自らの考えはどのようなものであるかと問うても、これまた権威ある誰かの名前や思想の一部を交え、あるいは専門用語を多用して、最後に自分の感想をほんの少し付け加えるだけの人達がいる。

 彼らは他人の思想や専門用語を丸暗記することに関しては努力してきたのであろうが、自慢できるのは全くもって知識の量だけであり、いつも知識自慢をするばかりで、おおよそ自らの意見すらもまともに持ち合わせておらず、自分の頭で考える能力がなく、他人に何かを説明する能力も欠如しているようである。本人はそれにも関わらず誇らしげにしているが、単に理解不能なだけである。しかも自らが何らかの概念をつくり出したわけではなく、既存の思想や専門用語を利用しているだけであり、何かしらの魅力があるようにも思えない。