メニュー

「概念・言説」について 記事一覧

NO IMAGE

「恋愛は素晴らしい」という言説を捉え直す

 恋愛をした結果として、生涯一緒にいたいと思う人と出会い、実際に生涯一緒にいることができ、後悔のない人生を送ることができたとすれば、それは「素晴らしい」ことであるかもしれない。  しかし、たとえそう...

「アンチ」という名の「広報担当」

 本当にアンチになりたいのであれば、アンチ行為すらやめたほうがいいだろう。もしその行為が決定的に痛手となり、活動休止や引退に持ち込めるほどのことがあるのだとすれば、確かにその行為も有効であるかもしれな...

「猥褻(わいせつ)物」の曖昧さについて

 何を「猥褻(わいせつ)」と思うかは人それぞれ異なり、「猥褻(わいせつ)物」という表現もまた非常に曖昧である。人によってはどんなものであっても「猥褻(わいせつ)物」になりうる可能性を孕んでいる。  ...

人に「迷惑」をかけずに生きることはできない。

 「人に迷惑をかけずに生きろ」という人がいる。しかし人は「迷惑」をかけないように生きても結果的に「迷惑」をかけてしまうこともあれば、誰かに「迷惑」をかけてやろうと思っていても結果的には「迷惑」どころか...

「バカ」と発言するに至るまで

 相手へのからかいや侮辱の意味合いで、バカという言葉がよく使われる。しかし、人間は誰しも生きてきた時間に対応する何らかの経験をしている。その人間にはその人間なりの学習をしてきたわけであり、その人間を絶...

犯罪者は悪人ではなく、むしろ被害者である

 犯罪者であるというだけで、世間一般的には極めて悪い印象を抱かれがちである。しかし、犯罪者であることがそのまま「悪人」であることに繋がるわけではない。大衆は表面的に「悪」を判断し、前提条件を考慮してい...

「コスプレ」という虚構(フィクション)

 日本で所謂オタク文化が普及するにつれて、アニメや漫画、ゲームなどの登場人物やキャラクターに扮するコスプレも流行している。(厳密にはコスプレ(=コスチューム・プレイ)という用語には様々に意味するところ...

「歴史的責任」について

 例えば、日本人であるのだから、日本の指導者が決めた事柄に対する歴史的責任を負うべきであるとか、過去の日本人から正の遺産を受けているから、負の遺産である歴史的責任も受け継ぐ必要があるという人達がいる。...