メニュー
NO IMAGE

高校時代を思い出す

 ついこの間まで高校生だった気がする。これは、高校を中退してから、上京してからもずっと、同じような印象を抱き続けている。そして、あの無駄な日々は何だったのかと、後悔ばかりをしている。  中学時代は、...

NO IMAGE

「田舎が恋しい」という発言について

 都会に上京したにも関わらず、「田舎が恋しい」などと言っている人達は、実に滑稽である。そんなに田舎が恋しいのであれば、初めから上京しなければいいわけであるし、何かを成し遂げるために仕方なく上京したとい...

NO IMAGE

被害者遺族、特に親について

 殺人事件などで被害者が既に死んでしまっている場合に、被害者遺族に発言の機会が数多く与えられ、彼らが加害者に対して反省を求めたりすることは少なくない。しかしそうした中で、被害者遺族の中でも特に親に関し...

NO IMAGE

「反知性主義」について

 今の日本において「反知性主義」が蔓延しているということについては、おそらくその通りだろう。しかしながら、多くの場合において「知識」と「知性」が混同されているように思う。  雰囲気、絆、気分、気合い...

NO IMAGE

誇らしげな妊婦について

 誇らしげな妊婦は少なくないが、妊娠しているということはまず性行為(セックス)をした証拠だと考えられるであろう。たとえ性行為(セックス)によらない妊娠であろうとも、多くの場合においてそういう見られ方を...

NO IMAGE

嫉妬される「美形(美男美女)」の悲劇

 同性の美形に対してはその価値を認めたくないという意志が上回って悪口を言ったりする一方で、自分より少し劣るくらいの顔の人を可愛い、あるいは「格好いい(かっこいい)」などと言う人達は少なくない。例えば、...