メニュー
NO IMAGE

「どうしてうちの子が」と嘆く親の愚かさ

 自分の子供が不運な出来事に見舞われた際に、「どうしてうちの子が」などと嘆く親がいるわけであるが、彼らは全くもって愚かである。子供がどう育つか、どう生きていくか、どう死ぬかなどは、親が予想したところで...

NO IMAGE

あらゆる殺人事件の真犯人は「親」である。

 全ての親は子供を殺す「殺人者」であるが、もっと言えば、あらゆる殺人事件の真犯人であるとさえ言ってもよさそうなものである。  というのも、人間は生まれた時点で既に、いずれは死ぬことが確定しているから...

NO IMAGE

全ての親は子供を殺す「殺人者」である。

 誕生した子供は人間である以上、遅かれ早かれいつかは死ぬことになる。しかし、誕生させなければ決して死ぬことはないのであり、いつかは死ぬことをわかっていながらこの世に誕生させたのであれば、「殺すつもりは...

NO IMAGE

「子育て」という「マッチポンプ」

 「問題や騒動を自分でつくり出しながら、巧妙に立ち回って解決し、利益や賞賛を得ようとする行為」は「マッチで自ら火事を起こし、それを自らポンプで消す」様子に喩えられ、「マッチポンプ」などと呼ばれている。...

NO IMAGE

「自分教」について

 どんな「宗教」を信じていようと、結局は自分がそれをどう解釈するかの問題があり、程度の差はあっても全て「自分教」に変換されることになる。  同じ「宗教」においても解釈の違いによって争いが起こり、自分...

NO IMAGE

「恋愛は素晴らしい」という言説を捉え直す

 恋愛をした結果として、生涯一緒にいたいと思う人と出会い、実際に生涯一緒にいることができ、後悔のない人生を送ることができたとすれば、それは「素晴らしい」ことであるかもしれない。  しかし、たとえそう...