メニュー

世界の常識の有無

俺にはやたら世界が不愉快に思えた

今ある正義はほとんどはでたらめだ

あぁ確かに今生きてるのはそのでたらめの一部のおかげだ

しかしでたらめだということを認めていない奴ばかりだ

いじめが起これば解決するふりしておいて

無理だと思えば結局両成敗

殺虫剤をつくっておいて

犬や猫になると動物愛護

人は皆平等というように見せておいて

格差はいつまでも広がるばかり

まるで適当な常識だろう

俺は常識なんてのはあるとは思わない

常識なんてのは多数派の意見を集めただけだ

だから俺はいつも常識を信じない奴だけとかかわろうとした

世の中がくだらない分だけやたら輝いて見えたアニメーション

普通の幸せみたいな幻想を捨てた

世の中には確かに不幸な人もいれば

不幸なまま死んでしまった人もいる

せめて俺はそういう人を知りたいと思った

俺がそうであった、いや、そうであるように