メニュー

家と外

今日も家から見えるのは壁ばかり

空を見せてくれる場所は家にはなく

田舎が持つ幻想である大自然はなく

ただ人のいるかいないかわからない家がぽつりと並ぶ

数か月か知らないがそれくらい久々に外に出ても

ただあるのは殺風景という言葉の似合う景色だけ

俺は今日も家からまた外を見ると

本当は見たいはずの空も見ることはできなかった

もはや家にいることが常識になったし

友達がいないのも常識になってしまったんだ

いったい俺はどうしたらこの孤独から逃れられるだろう

母は常に過去を話し 父を憎み 体調不良を訴えるなか

俺はそんな中母のみを友として

母に頼りっきりであることに責任も感じた

そんな日々を暮らす中で俺は常に

体調不良と世界の理不尽さだけを叫び続け

人間を恨み なぜ生きるのかを問い続けて

ただこの土地を恨みそして世界を恨み続けた

過去を振り返れば何もかもが憎しみに満ちているけれど

話す友達を持たない俺は常に過去の憎しみに対面した

そんな日々が続いて俺は狂っていったんだ