メニュー

七夕って何だろうね。

七夕って何なんだろうね。

クリスマスも七夕もそうだけど、

ただただ僕は孤独感を感じるだけだね。

誰かと誰かが一緒にいて、

それを見てはただひたすらに孤独感を感じ。

本当に嫌だね。

何が七夕だよ。

こういう、意味もないものって本当に嫌いだね。

そりゃ、何か物が売れて、稼ぐところは稼ぐんだろうし。

ビジネス的には、この七夕ってのはそこそこのものなんだろうね。

でも、自分からするとただただ嫌悪感しかないね。

幸せを願えだとか言えるのは、幸せであるからだよね。

自分が幸せでないなら、他の誰かの幸せなんて、絶対に願えない。

自分の事を愛せないなら誰も愛せないのと同じだよね。

というかね、

単純に、何なんだろうね。

誰かの幸せには、誰かの不幸があるんだよ。

恋愛っていうのは、ゼロサムゲームだよ。

負けたら、ストーカーになるか、誰かで妥協しなきゃいけない。

お互いが好きで居たときがあったら、

それが祝福されたりして。

片方だけだとしたら、

それが批判されたりして。

曖昧だよね。

誰もが幸せになることなんて、決して無いんだよ。

決してない。

自分の不幸が誰かの幸せにつながる、なんて、

心の底から言えるはずがないよね。

そう言って、優しいと思われる、アプリオリなものがないと、

絶対に、その考えはあり得ない。

僕は少なくともそう思う。

自分のことしか考えていない、って。

当たり前だよ。

人間は誰しもが、自分のことしか考えていないよ。

自分のために誰かを好きになり。

自分のために誰かを嫌いになり。

自分のために誰かを傷つける。

そんなもんだよ。

でも相手にそう思わせた瞬間。

そこで終わりかもしれないんだよ。

相手に不快になってもらったら、終わりかもしれない。

一つ一つの行動が、

相手の好感度につながっていく。

人間は、正直さだけでは、好かれない。

見た目が良くても好かれないんだよ。

いかに相手を好きでも、無視されるかもしれない。

いかに、相手に、自分が魅力的に見えるか、なんだよ、多分。

そして、いかに、相手に遠慮しないか。

好きだと、何にも話せないんだよ、案外。

というより、完全に片想いなのがわかっていたら、話せない。

相手も好きだという前提で話せる。

でも、相手に少しでも嫌われるところが見えたとしたら。

きっと、それは他の何かしらの行動につながるに違いない。

好き、って何だ、って。

その人と一緒に居たい、という感情だよ。

でもきっと、本当に、心から好きでも、

その思いが全く伝わらないとしたら。

いつか、それは違う感情に変わっていくのかもしれない。

嫌いといわれたり、無視され続けたらそれはきっと愛から愛憎に変わり。

友達にでもなれたなら、もしかしたらいつか、という希望の思いで、

少しは満たされるのかもしれない。

でもきっとそれも強がりでしかない。

一途に愛されたい。

これはきっと、確実だと思う。

でも嫌われたくないなら、

そんなもの、望んだらいけない。

一緒に居られなきゃ、自分を保てないんだから。

少しでも、どこかで、つながらなきゃ、

生きる希望も持てないんだから。

そう。