メニュー

素直になれない「ネット右翼」

 「ネット右翼」の定義は人それぞれ微妙に異なると思うのだが、大枠で捉えれば「在日韓国・朝鮮人というだけで非難したり、内実が空虚な「愛国心」をやたらと主張する人」と言えるだろう。
冷静に議論している分には右翼が悪いというわけではないのである。
「ネット右翼」と呼ばれて嘲笑されるべきなのは、ただ単に在日韓国・朝鮮人を嫌い、ヘイトスピーチ等によって当事者に対して不快な思いをさせている人達のことである。

 まず、彼らは何故か内実が空虚な「愛国心」を強要するのだが、自然に育まれないような意図的な「愛国心」を持つことがそんなに大事なことなのだろうか疑問である。
そして彼らは「愛国心」と呼んでいるものを実際に持っているのだろうか。
 自分の予想が正しければ、彼らの多くは「愛国心」を持っているというよりも、今の日本社会が嫌いで仕方がなく、不満を持っているに過ぎないのではないかと思っている。
だからこそ「在日特権」などのような、程度問題と言ってもいいようなものにずっと執着し続けるのだろうし、今の日本社会には「在日」のスパイがいるからだなどと平気で陰謀論を語り、何とか自分が「日本人」であるということに誇りを持ち続けながら、なおかつ現在の日本社会を批判しなければならないと思っているのではないだろうか。
 自分は正しい事をしていて、ネット上で在日韓国・朝鮮人を排斥するような書き込みをしたり、実際に外へ出てヘイトスピーチ等をすることも、実際には日本のためなのだという主張があるが、彼らにとって果たして「日本」とはどんな存在なのだろうか。
韓流ブームを非難するだけではなく、日本企業の不買運動まで行ってしまえば、日本経済にダメージを与えることになるのである。これでは「愛国心」とは何だったのかと言わざるを得ない。
 「古き良き日本」という幻想にいつまでも縋っている人についても、今更になって地域共同体がまともに機能するとは思えないし、強制的に機能させようとするならばそれは形だけのものにならざるを得ない。
 天皇についても、それを崇拝すること自体は構わないのだが、
それを日本国民全員に強要しようとするならば、それは非難されなければならないだろう。
(勿論、ネット右翼の中には天皇を崇拝していないという人も多いとは思うのだが。)
 また、ヘイトスピーチ等の内容については大して意味があるとは思っておらず、その後のオフ会で友達や恋人をつくることが本来の目的だという人もいるようだ。
これは実に滑稽である。友達をつくるのはともかくとして、恋人をつくるというのなら、素直に合コンだとか婚活でもした方が良いのではないかとすら思うのだが、ネット右翼同士意気投合して結果的に結婚でもするようなら、少なくとも彼らにとっては大きな意味のあるものだったと言えるのだろう。
「愛国奥様」などと一部で呼ばれているように、ネット右翼の主婦の方も増えているようで、様々な方向に勢力が拡大しているのかもしれない。
 その他にも「愛国心」に見せかけた「壊国心」つまりは国を破壊したいという破滅的な心意気を持っていて、ナショナリズムを煽って戦争でもして形として「平等」を実現したいという人も多くなってきているようだ。
新自由主義経済の中で、このような人達は思っている以上に多く存在しているはずである。

 このように、ネット右翼の中には実に様々な人がいて、「愛国心」と呼ばれるものを持っている人は実際のところどれくらいいるのかは定かではないのだが、彼らのうち真っ当に「愛国心」と呼べるものを持っている人についても、方向性として間違っていると言わざるを得ないように思う。
 確かに、油断している間に攻めてきて勝手に自国の領土だとして既成事実化されるのを黙っていたり、日本の教科書に自分の領土を記載しないのはどうなのかとか、中国・ロシア・北朝鮮の脅威を無視しているわけにもいかないだとか、詳しくはないのだが、反日教育や自虐史観などについても、程度の差はあれ、昔はあったのかもしれない。今もその名残があるという指摘も間違いでもないのだろう。しかしながらそのような真っ当な議論については「ネット右翼」に限らず右翼の方々もしているし、それらを議論することは悪いことではないのである。
 ここで大事なことは、日本国民の多くにとってはパトリ(故郷)がないとも言える今、愚直に「国旗」「国歌」などを強調して「愛国心」を育もうなどとしても無駄であり、例え「愛国心」を持ったとしても、それだけで何の意味があるのかということなのである。
 包摂性のない新自由主義経済の中で、今の日本に必要なのは「愛国心」などではなく、「包摂性」なのである。
果たして在日韓国・朝鮮人を追い出したら包摂性のある社会になるのだろうか。
それよりもまず、自分自身の生活が厳しく、在日韓国・朝鮮人が何らかの形で優遇されているのが気に入らないというのならば、「ベーシックインカム」が欲しいとでも言ってデモを起こすべきなのである。助けてほしいと素直に言う方が建設的なのではないだろうか。
金銭的に恵まれず、排外的になって心の余裕がない中では決して「美しい国」などはあり得ないし、余裕のない人々が構成する地域共同体などそもそもまともに機能するわけがないのである。
無理矢理「古き良き日本」を取り戻そうなどと試みても、内実は空虚になるばかりだろう。
 日々の生活に追われ、日本という「国」など、多くの日本国民にとってはどうでもよくなっている。
日本の「国」は決して自分の実存にとって救いにはならないのだから、それは当然と言える。
むしろ今の日本社会に対して不満を持ち、日本を嫌いになっている人は非常に多いのではないだろうか。ネット右翼ももしかしたら心の奥底では日本を嫌いなのかもしれない。
いくら国を愛しても自分にとって何の得にもならないのならば、いつかその愛も冷めるのではないだろうか。

 形ばかりの「愛国心」など無意味であるし、不満があるのならばそれ自体を素直に日本政府に主張する方がいいのではないだろうか。
在日韓国・朝鮮人を敵に仕立て上げて、彼らがいるから日本がダメになるだとかいう安易な責任転嫁をして希薄な共同体意識を強固にしようとしても、内実はあまりに空虚である。
実際に「愛される国」でないのならば、そんな国に対する「愛国心」など形だけのものであり、そんなものを強要しても無意味である。
身も蓋もない言い方をしてしまえば、結局のところ「愛国心」などというのは、単なる趣味・趣向に過ぎないのである。