メニュー

あらゆる殺人事件の真犯人は「親」である。

 全ての親は子供を殺す「殺人者」であるが、もっと言えば、あらゆる殺人事件の真犯人であるとさえ言ってもよさそうなものである。

 というのも、人間は生まれた時点で既に、いずれは死ぬことが確定しているからである。世間一般的な意味における「殺人者」というのは、その死期を早めているだけである。その人間が殺したから死ぬというわけではなく、いずれは死ぬことに変わりはない。

 法律では定められていないが、親が子供を誕生させなければ、子供が死ぬということはあり得ないのであるが、あえて子供を誕生させることによって、その子供に死を強制しているわけであるから、それ自体が言ってしまえば「殺人」なのである。

 世間では子供を誕生させるという行為は無条件に素晴らしいものだと賞賛されがちであるが、それは大衆が物事を表面的にしか見ていないがゆえに、そうした事情を全く理解できていないからである。